窓に新聞紙を貼るとガラスの飛散防止になるって本当?方法と効果は

生活お役立ち情報

台風が来るとなったとき、何か対策はしていますか?

雨戸やシャッターがあるお家ならいいですが、無い家多いですよね。

 

また、ガラス飛散防止フィルムで準備をしていたらいいのですが、

手間もかかるのでしていない方も多いかもしれません。

 

今回は、フィルムを貼るよりも簡単にできる、新聞紙での風害予防について紹介します。

スポンサーリンク

窓に新聞紙?飛散防止になる貼り方は

台風が発生すると、専門家が雨風による被害を少なくする方法を、
TVで話しているのをよく見かけますね。

 

その方法は、雨戸やシャッターなど家に備え付けられているものから、
ガラス飛散防止フィルムや段ボールまで様々です。

段ボールはないけど、新聞紙ならあるよ!という家庭も多いと思うのですが、
新聞紙で風害対策にはなるのでしょうか?

新聞紙を窓に貼る方法は

台風の時に新聞紙を窓ガラスに貼る、というのは韓国のTVで紹介されたそうです。

濡らした新聞紙を窓ガラスに貼ることで、割れにくくなるとか。

 

ただ、こちらは賛否両論です。

どちらかといえば、紙でガラスの強度は変わらないという意見が多くなっています。

 

でも、新聞紙を窓ガラスに貼ると、万が一ガラスが割れてしまったときに、
部屋中に散らばるのを防いでくれるという話があります。

 

とっても簡単ですぐにできるので、窓が割れてしまうことが心配な時は挑戦してみてください。

 

  • 新聞紙を用意する
  • 2~3枚を1セットで、養生テープで□の中に*を作るように固定する

 

段ボールを窓に貼る時も同じようにします。

新聞紙だと薄いので、1枚ではなく複数枚を一緒に貼った方がおすすめですよ。

段ボールだと数がない、でも新聞はとっているよという方にピッタリですね。

新聞紙でのガラス飛散防止の効果はあるの?

実際に、新聞紙を貼っていてガラスが大丈夫だった、
という口コミがあったというわけではありません。

TVで実証されていたのは、薄めのガラスに濡らした新聞紙を貼れば、
風に対する強度が上がるといった内容だったようです。

しかし、窓ガラスは風で割れるわけではなく、
風で運ばれてきた物が当たって割れてしまいます。

風より相当大きな力でガラスが割れることになりますね。

そのため、新聞紙による窓ガラスの強度補強とは思わない方がいいようです。

 

そもそも窓ガラスは割れない方がいいので、口コミがない方がいいですね。

 

ただ、何もしないよりは効果があると思った方がいいようです。

 

時間のある方は、新聞紙ではなく、ガラス飛散防止フィルムを貼る方がおすすめです。

また、新聞紙もないという方は、養生テープを*になるように貼るだけでも、

飛散防止効果が期待できますよ。

テープは家具にダメージが残りにくい養生テープを使うことをおすすめします。

風雨の被害予防に新聞紙?その方法とは。

新聞紙が台風などの時に役立つ方法は他にもありますので、紹介します。

吹き込み対策に新聞

雨の被害で心配されるのが、室内への雨水の心配ですね。

そんな時に新聞紙が使えます!

 

  • 丸める
  • サッシに詰める

たったこれだけで、窓から室内へ浸水してくるのを防いでくれます。

家の中が雨水で濡れてしまうと、カビが発生してしまうこともあります。

雨対策におすすめですよ。

 

この方法は、冬の結露対策にも使えます!

新聞紙は湿気対策・水漏れ対策に便利だと覚えておくといいですね。

非常時に使える新聞紙でのライフハック

他にも非常時に新聞紙が使えることは多くありますので、その一部を紹介します。

 

・割れたガラスを捨てる

台風以外でも、ガラスが割れてしまったときに、新聞があると捨てやすいですね。

割れた窓ガラスは、重ねた新聞の上に捨てて、
さらに段ボールや重ねたビニールで処分するようにしましょう。

 

・スリッパを作る

ガラスが割れたり、家の中がぐちゃぐちゃになってしまったとき、
素足では危ないのでスリッパがある方が安全です。

でもスリッパがない家庭も多いですよね。

 

外靴も使えますが、汚れると嫌な方は、
新聞紙でスリッパを折りましょう。

意外と簡単にできて、折り方によっては、
大人から子供までサイズ違いで作ることもできますよ。

割れたガラスの掃除をするときは、
2~3枚使って厚いスリッパにするのがおすすめです。

 

・お皿を作る

これも新聞紙を折るだけで作ることができます。

さらに作った新聞紙のお皿にラップをまけば、
強度も上がって何度も使えますね。

 

・防寒グッズにする

羽織ったり、服の間に入れるだけで防寒効果が期待できます。

靴下+新聞紙+靴、服の中に新聞紙腹巻など、
暖房が使えない場所で寒さをしのぐのに覚えておくと便利です。

避難生活になってしまったときは、
地面とレジャーシートの境に敷くのもいいですね。

 

・簡易トイレ

水も電気も使えない。

そうなったときは簡易トイレとしても使うことができます

箱にビニール袋をかけて丸めた新聞紙をいくつか入れておけば、
非常用の簡易トイレの完成です。

用を足した後は、ビニール袋の口を括って処理しましょう。

まとめ

今回は、窓ガラスに新聞紙を貼ることによるガラス飛散防止の効果について調べました。

強度の補強にはなりませんが、
ガラス飛散防止フィルムや段ボールがないご家庭の応急処置にはオススメです。

被害が起きないことが一番ですが、
万が一の場合を考え、台風が来る前には対策を行いましょう。

また、新聞紙を使ったライフハックについても紹介しましたので、参考にしてください。

 

 

 

 

生活お役立ち情報
スポンサーリンク
シェアする
wildboar20をフォローする
Good Life ラボ