雨の日の海釣りはおすすめ?初心者向けにメリット・デメリットを検証

生活お役立ち情報

私のように海釣りが趣味という方。

結構いらっしゃるのでは?

 

仕事をしていると、休日くらいしか海には行けませんよね。

海沿いにお住みの方は別ですけど…。

とはいえ、休みの日が全て晴天とは言えないわけで。

 

雨だからと、せっかくの釣りのチャンスをフイにするのはもったいないのかな…
という人のために、雨の日の海釣りに関するメリット・デメリットを解説します。

スポンサーリンク

メリット

ではまずメリットから。

競合者が少ない

良好な釣りスポットは、晴れた日には、当然込み合っています。

少しでも出遅れると、釣り人と釣り人の間に、ちょっと無理をして入らせてもらう…
みたいなことも珍しくありません。

 

隣の人との距離が近ければ、自然と戦果も気になるわけで…。

特に始めたばかりの頃は、妙なプレッシャーに感じてしまうものです。

隣がバカスカ釣れているのに、自分だけ坊主なあの惨めさったら…。

 

雨の日にも釣りに出掛けよう、なんて人間は、晴れの日に比べれば少数派。

気持ちにゆとりをもって、釣りができるというわけです。

隣の人の糸と絡む心配もないですし。

魚の警戒心が薄くなる

魚の天敵は色々。

しかし、雨の日になると、自然天敵が減ります。

 

例えば鳥。

鳥は、上空から水面~水中の魚の動きを、視覚でとらえて狩ります。

雨の日には、雨粒で水面が叩かれて、水中の様子が判別しにくくなります。

魚もそれを知っているので、安心して餌を食べるようになるんですね。

 

雨粒の音が、釣り人の気配を殺してくれるというメリットもあります。

それどころか、水面の音を、小魚=餌がビチビチ暴れていると勘違いして、
パクつきにくる魚もいるくらいです。

活性化する魚もいる

雨が降ると、海中の環境は変わります。

 

川の上流から、多くの養分を含んだ水が新たに流入してくるからです。

その養分を求めて、プランクトンや小型の魚が集まり、それを餌にする魚が集まり…
と、食物連鎖の状況が、大きく動くようになるからです。

このような状況は、特に雨の降りはじめに起こりやすいです。

 

川から流れてくる水の影響を受けやすいのは、もちろん河口。

基本的には浅瀬です。

雨の日に釣りをするのなら、推進の深い場所ではなく、河口から近い桟橋付近がよいでしょう。

デメリット

目をそらしてはいけないのは、デメリットです。

メリットと天秤にかけて、雨の日に海へ釣りに出かけるかどうか、決めましょう。

濡れる

当たり前ですが、雨の中の釣りですので濡れます。

 

濡れると体温が低下するので、防水性の高いウエアを着用するのは必須。

釣り用品専門店では、防水性と防寒性に優れた多機能ウエアの取り扱いもしています。

雨の日に釣りをするなら、必携アイテムではないでしょうか。

 

自分の体だけではなく、道具類も一切がずぶ濡れです。

片付けや、手入れの手間がかかるのは覚悟しましょう。

餌に工夫が必要

雨の日に視界が悪くなるのは、人間も同じです。

 

水中の仕掛けを確認するのが、難しくなります。

目立つ道糸や目印になるアイテムを使って、魚の食いつきを確認しやすくすると良いでしょう。

餌もニオイが強いものを用意すると、濁った水中でも魚が気づきやすくなります。

 

餌の管理も重要。

アミエビは、水に濡れると使い物にならなくなるなど、釣り中の管理に気を配る必要もありますよ。

足元が不安定

市街地の平坦な道路でも、雨の日には足元が悪くなり、転倒の危険性はアップしますよね。

それが磯部であれば…。

雨の日にそんなリスクを冒す人はまずいないはずですが、
一般的な道路に近い状態の堤防や桟橋でも、足元は大変滑りやすい状態です。

 

転ぶだけならまだマシ。

最悪は海に転落することだってあり得ます。

靴底の裏がすり減っていないか、溝がしっかりキープされているか、
絶対に、確認してから出かけるようにしてください。

天候のさらなる悪化

雨が降っているのですから、天候が良いとは言えません。

そこからさらに悪化しないかどうかは、常に気を配る必要があります。

 

特に怖いのが、落雷と強風。

 

最近の釣り具には、カーボン素材が多用されています。

カーボン素材は通電しやすいので、雷の時に手にしているのは大変危険です。

 

また全身がずぶ濡れということもあり、雷の気配を感じたら、
近くの建物やマイカーに即避難しましょう。

この時、雷鳴が響いているようであれば、釣り具の片づけは後回しです。

荷物に気を取られて、落命してはお話になりません。

 

また、強い風にも注意。

通常、海釣りをするような場所は、遮蔽物がなく拓けています。

風の影響をダイレクトに受けるのです。

荷物が風に飛ばされるリスクがあるほか、風に足元をすくわれて、
海に転落する事故も発生しています。

 

また、高波に突然襲われることもあり、
悪天候時の海辺はけして安心できる場所ではありません!

まとめ

以上、雨の日に海釣りをするメリットとデメリットを並べてみました。

 

メリットは、釣りの成果を上げられやすい可能性が高くなること。

デメリットは、安全にかかわる問題が多くなる点ですね。

 

正直、釣りを始めたばかりの人には、あまりお勧めできないなというのが個人的な感想です。

ただ、何事も経験というのも事実でしょう。

風が弱く小雨程度のコンディションを選んで挑むのは、悪くないと思います。

注意報や警報が発令されている最中に海釣りに行くのは、無謀ですので、絶対にやめましょう。

生活お役立ち情報
スポンサーリンク
シェアする
wildboar20をフォローする
Good Life ラボ