ベビーカーの雨カバーがない!急な雨でも大丈夫、雨カバーの代用品は?

生活お役立ち情報

子どもとの楽しいお出掛けをしているときに、急に雨が降ってきて困ったことはありませんか?

傘やレインコートを持っていたらいいのですが、いつも持っているとは限りませんよね。

 

そこで今回は、ベビーカーでのお出かけ中に、急に雨が降ったときにどうしているのか、
先輩ママたちの方法を調べてみました。

スポンサーリンク

急な雨で困った!ベビーカーの雨避けはどうする?

ベビーカーの雨カバーはお持ちですか?

しっかりとしたビニールで大きさもあるので、畳んでもかさ張るんですよね。

いつも持ち歩くには不便なサイズです。

 

でももし急に雨が降ったら…?

先輩ママたちはどうしているのか調査しました。

とりあえず手持ちのもので!

 

・ベビーカーの幌をいっぱいに広げて、その上から自分が着ていたコートやストールをかぶせます。

 

・夏は日よけや冷え予防にひざ掛け、冬は寒さ予防にブランケットを必ず用意しているので、
 雨が降ったときは幌とひざ掛けやブランケットでその場をしのぎます。

 

・おむつ替えシートなら防水なので、子どもの足元にはそれをかけます。

 

・手持ちのタオルをとにかく子どもにかぶせます。

 

ママが着ている上着なら、自分は少し寒くなりますが、子どもはカバーできそうですね。

また、ひざ掛けやブランケットは、常備している人も多いと思うので、使いやすそうです。

 

ベビーカーの幌は、日焼け予防が中心なので、防水加工はされていません。

いいベビーカーなら撥水加工はされているので、
多少の雨なら、幌でその場をしのぐこともできそうですね。

 

私は、ベビーカーにいつも大きめのビニール袋(ショッパー)を常備しています。

大きなものを買った時にも使えますし、急な雨の時も雨避けに使えますよ。

 

そして、タオル!

タオルハンカチは持っている人も多いかと思うのですが、
フェイスタオルぐらいの大きさのタオルを持っておくととても便利です。

雨が降ったときに雨避けや水滴を拭うのに使えるのはもちろんですが、
子どもがお茶をこぼしたとき、寒いときなど、使えるシーンはたくさんあります。

ジップロックに入れて持ち歩けば、かさ張ることもありませんし、

濡れた後も片づけやすくておすすめです。

コンビニがあれば購入

ベビー用グッズのショップが近くになくても、コンビニやスーパーがあれば、
代用品が購入できますよ。

 

先輩ママたちが代用品に使うことが多いのが、ゴミ袋です。

大きなゴミ袋をかぶせることで雨避けになります。

 

ただ、濡れたままコンビニやスーパーに入ることになるので、
タオルは常備しておいた方が良さそうですね。

100均で見つける、ベビーカーの雨カバー代用品は?

ベビーグッズのお店よりも、どこにでもある100均で雨カバーがあればとっても便利ですよね。

でも残念ながら、ベビーカーの雨カバーは売っていません。

 

ただし、代用品ならありますよ!

大人のレインポンチョを使う

100均で販売されているもので使いやすいのが、大人用のレインポンチョです。

残念ながら透明なものはなく、半透明になってしまうため、

子どもからすると外の景色が見えなくなってしまうのですが、その場しのぎには十分です。

 

方法はとっても簡単です。

大きく広げてかぶせ、レインポンチョの腕の部分をハンドル部分に巻き付けるだけです。

大人用なので、しっかりとベビーカー全体を隠すことができます。

 

レインコートとレインポンチョが売られていますが、レインポンチョを選んでくださいね。

 

100均なので、破れてしまうことや、薄いので風で捲れてしまうことも。

そこで、一緒にマスキングテープや大きめのシールを買うと固定しやすくなります。

子どもの暇つぶしにシールを渡しておくのもいいかもしれませんね。

 

また、先ほど出てきたゴミ袋も100均で購入できますよ。

こちらもかぶせるだけなので、できればテープなど一緒に用意すると良いですね。

 

出先にベビーグッズのお店がないときは100均商品で代用してみましょう。

100均材料で作る雨カバー

最後に、急な雨の日の雨カバーではなく、100均材料で作る雨カバーの紹介です。

 

雨カバーは出番が少ないのに、そこそこの値段がします。

私は買ってしまってから使わず置いたままなので、もったいないなぁと感じました。

安く手作りできると嬉しいですよね。

 

材料は100均で販売している透明のテーブルクロスです。

 

  • ベビーカーの背面(後ろ面)以外の全体にかぶせる
  • 余分な場所を切り取りながら仮止めをする
  • 仮止めした場所を縫う
  • 下に長い部分を切る

 

これで全面が透明の手作りレインカバーの完成です。

節約にもなりますし、周りも見えるので子どもにとっても嬉しいですね。

 

ただし、使用について1点だけ要注意です。

通気口が付いていないので、中が蒸れやすくなっています。

空気の入れ替えも市販品よりしにくくなっているので、あまり長時間の利用には向いていません。

近所に出かけるときや短時間の利用にとどめるようにしましょう。

まとめ

今回は、急な雨で困ったときに使えるベビーカー雨カバーの代用品について紹介しました。

急な雨の時は、幌を広げて自分のコートなどで覆うママが多いようです。

また、ジップロックに入れたタオルや大きなビニール袋を常備しておくと便利ですよ。

急な雨で困ったときは、参考にしてください。

生活お役立ち情報
スポンサーリンク
シェアする
wildboar20をフォローする
Good Life ラボ