冷房はつけっぱなしがお得?夏場のエアコンの電気代は1時間いくら?

生活お役立ち情報

夏が来ると気になるのがエアコンの電気代。

できるだけ抑えたいですが、熱中症も気になります。

快適に、そして節約して過ごせると嬉しいですよね。

 

今回は、夏場のエアコンの電気代について調べてみました。

また、夏におすすめ節電方法も調べましたので参考にしてください。

スポンサーリンク

気になる夏場のエアコン電気代は

夏場のエアコン、どう使っていますか?

我が家では、朝起きてから夜寝るまでリビングはずっとつけっぱなしです。

小さなお子様がいらっしゃるご家庭では、あるあるかもしれませんね。

 

まずは電気代の計算方法です。

1時間あたりの電気代

電気代を計算する方法はとても簡単です。

必要な数字は、その家電の消費電力(W)と、使っている電力会社の単価です。

消費電力WはkWに換算しましょう。

1000W=1kWです。

 

≪消費電力(kW)×電気代単価(平均27円)≫

 

この計算式で、エアコンだけではなく他の電化製品も電気代が計算できますよ。

 

10畳用のエアコンの消費電力は、あるメーカーのもので770W。

770Wは、0.77kWなので、1時間当たりの電気代は約21円となります。

夏場のエアコンの上手な使い方

1時間当たりの消費電力が分かりましたね。

夏場のエアコンの電気代は、1日の電気代の中で最大50~60%を占めるそうです。

 

他の家電で電気を使わなくても、エアコンだけで高くなるのが分かりますね。

 

でも、電気代は少しでも抑えたいところです。

ここでエアコンの電気代を抑えるポイントを5つ紹介したいと思います。

 

  • オンオフは少なめに

一番電力が掛かってしまうのが、つけた直後です。

再度設定した温度になるまで、電力が大きく必要となってしまうためです。

短時間のお出かけなら、エアコンはつけたまま出掛ける方がおすすめですよ。

 

でも、24時間つけっぱなしがいいというわけではありません。

30分程度のお出かけならつけっぱなしがおすすめですが、
数時間出掛ける場合や、外気温と室内の温度差がない場合は、消した方が節電になりますよ。

 

  • 冷房の設定目安は28℃

28℃だと熱いんじゃないの?

そう思う方も多いと思います。

確かに涼しいと感じる室温ではないかもしれませんが、
サーキュレーターや扇風機で風を循環させることで、涼しく感じますよ。

28℃設定で熱いなと感じるときは、風量を強くして体感温度を冷たくしましょう。

 

  • 風向きは水平or上向き

冷たい空気は下へ降りてきます。

そのため、風向きは水平でOK。

天井付近に風を送ることで、空気が循環しやすくなります。

 

  • 弱運転ではなく、自動運転で

強い運転だと電気代がかかるかもしれない、と弱運転にしていると、
設定温度に達するまでの時間が掛かってしまいます。

 

  • クリーニングをする

フィルターが汚れていると、エアコンの機能が落ちてしまいます。

定期的にフィルター清掃を行いましょう。

少し値は張りますが、専門業者に頼むと綺麗にしてもらえますよ。

 

以上、5つのポイントを紹介しました。

 

快適に過ごせる室温は26~28℃、湿度50%以下だそうです。

除湿機能があるエアコンの場合は、除湿冷房で湿度を下げるのも方法ですよ。

エアコン以外で涼しくなる方法は

クーラーは苦手だ、という方も多いと思います。

苦手じゃないけど、できるだけクーラーを使いたくないという方も。

 

そんな方におすすめの方法を紹介します。

涼しくなる食べ物を摂取しよう

トマトやスイカ、キュウリなど、夏に旬を迎える食材は、
水分も多く、身体を冷やしてくれる食べ物です。

旬の食材を積極的に食事に取り入れましょう。

 

また、スパイスを使った料理は、発汗作用によって身体の表面温度が下がります。

少し涼しく感じるはずですよ。

もちろん、食べているときは、とても暑いとは思いますが。

 

飲み物は、コーヒーやジュース、豆乳、牛乳などが体を冷やす飲み物として知られています。

緑茶も体を冷やしてくれるそうですよ。

 

温かい飲み物=体を温める、冷たい飲み物=体を冷やすとは異なり、
身体を冷やしてくれるかどうかは、その成分によるそうです。

つまり、寒いからと温めたコーヒーを飲んでも、身体は温まらないのです。

温かいコーヒーでも、身体を冷やす効果はありますよ。

 

また、喉が渇いたときは水ではなく、スポーツウォーターなど、
塩分が入った水を摂取するように心がけましょう。

蒸し暑さも軽減され、熱中症予防になります。

体を冷やそう

最後に、直接身体を冷やす方法の紹介です。

 

お風呂に入った後、熱くてなかなか着替えられない、といったことはありませんか?

エアコンや扇風機の前でぼーっと立ってしまったり。

早く涼しくなりたいときは、お風呂を出る直前に足に水をかけてください。

一時的に体が熱くなって汗をかきますが、涼しく感じるようになります。

冷たい水は一瞬ですが、すぐに足が熱くなってきますよ。

体中に冷水をかけると心臓に負担がかかるので、足のみにしましょう。

 

また、冷えピタや保冷剤で、脇の下や首を冷やすのもおすすめです!

最近は、水で濡らすだけで冷たく感じる冷感タオルも、安く販売されています。

外へ行くときもそれを首に巻くと、日差し予防・暑さ対策になるのでおすすめです。

 

我が家では、濡らした冷感タオルをジッパー付き袋に持ち歩いています。

外出時に子どもが熱がっているときに、ササっと使えますよ。

まとめ

今回は、夏場のエアコンの電気代について紹介しました。

電気代は1時間約21円。

高くないように感じますが、夏場に使用する電力の半分がエアコンです。

上手に節電・暑さ対策をしてこの夏を乗り越えましょう。

生活お役立ち情報
スポンサーリンク
シェアする
wildboar20をフォローする
Good Life ラボ